kindle, 手ぶら, iPhone, 禁酒,ウォーキング,禁煙,断酒,ダイエット

徒手空拳日記

持たざる移動を追い求める手ぶら評論家。 手ぶらを、いつか当たり前のウォーク・スタイルにする。 人の行く裏に道あり花の山(利久)

不毛な労働はスルーしよう

もうこの三年以上、都銀の店舗窓口に出張ったことが一度もない。都銀のATMで金をおろすことすら、今年になって一度もない。銀行って、もう全然要らない。支店が統廃合されて、己っちの毎日通うジムみたいになったり、コンビニに変わったりしている。

己っち、組織ごっこ、仕事ごっこの類を心中で心の根っこから馬鹿にして、徹底的にスルー。大組織、大企業になればなるほど、組織維持のための組織ごっこ、仕事のフリをするための仕事ごっこばかりになる。

例えば己っち、社内向け資料は徹底的に手を抜く。箇条書きで十分だし、下手に資料を添付するとどこを一人歩きするかわからないので基本的にはスクリーンに映すだけだし、紙でも配布しない。

もはやB to Bの仕事自体、殆ど無意味になりつつあって、企業が稼いでいくためには、①ユーザー②ユーザーのデータ③ユーザー体験の三つが必要不可欠だ。

この三つのないビジネスは全て、組織ごっこ、仕事ごっこに過ぎず、そんなもんのために手間暇かけてはならない。

昨日ブログに書いた「3D」もそうで、未だに破壊的イノベーションを防御する一方の企業や、既成市場のシェアの奪い合いに終始するだけの企業や、仲立ちやいっちょかみで手数料を得ている企業なんぞは、実は既に死んでいる。

ぜひぜひ毎日の「仕事」のなかで、①ユーザー②ユーザーのデータ③ユーザー体験のないものや、①既成を守るだけで②利益の削り合いだけの③単なるいっちょかみ「仕事」はやらなくても全然問題ないので、スルーして欲しい。

そんな不毛な労働に気張ったところで、そんな会社、どうせもう長くは保たない。

f:id:Mushiro_Hayashi:20171112213457j:image