kindle, 手ぶら, iPhone, 禁酒,ウォーキング,禁煙,断酒,ダイエット

徒手空拳日記

持たざる移動を追い求める手ぶら評論家。 手ぶらを、いつか当たり前のウォーク・スタイルにする。 人の行く裏に道あり花の山(利久)

金輪奈落買わないもの

生きる意味なんてもともとないと考えているので、放たれた屁のようにただ息をしている。

そういう心持ちで浮世を揺蕩うと、全てのことが不可逆的だと思えてくる。覆水盆に返らず、である。

特にこの数年で急速にコモディティ化しつつあるマネー価値、所有価値については、己っちはもう20世紀的な感覚へと戻ることは出来ないと思う。

金輪奈落、買い購めたくないものは例えば次のようなもの。

財布

ブランドものの財布とか本当に要らないなあ。プラスティック・カードもはやく無くなって欲しい。財布があると便利なのは旅行中だけだ。

紐の靴

「スリッポン」以外の靴はもう要らない。ジムでもGUのスリッポン着用。紐を結ぶ手間や紐がほどけた時の鬱陶しさは無駄でしかない。

スーツ

組みになってる服って、もう要らないのではと思ってしまう。ブランドもののスーツなんて、本当にもう要らない。

「ブランドもの」という言葉そのものが、「メーカー品」のように死語になりつつある。

AmazonやゾゾタウンのPBが出てくるなど、いわゆる「ブランドもの」の無力化は急速に進むだろう。

ブリーフケース

手ぶらとは生き方なので今更もう鞄の類を買いたい気持ちは全然ない。

万年筆

ちょっと書かないと干上がるし、なくすのが怖いので持ち歩かない。高級な筆記具なんてもう趣味人のためのものになるだろう。ジェットストリームとかパワータンクで十分。

紙の手帳、紙のノート

iPhoneで管理すれば手帳は丸で要らない。手書きの温もりより手ぶらの清々しさが勝ってしまう。

ハイブリッド・カー

PHVも含めてこんなもん買って喜んでるのって、50代以上の情弱じゃないかしら、と思ってしまう。タイムズのカーシェアで本当、十分だ。

 

Riorune (リオルネ) ラウンドファスナー 長財布 メンズ (ブラック)