kindle, 手ぶら, iPhone, 禁酒,ウォーキング,禁煙,断酒,ダイエット

徒手空拳日記

持たざる移動を追い求める手ぶら評論家。 手ぶらを、いつか当たり前のウォーク・スタイルにする。 人の行く裏に道あり花の山(利久)

All you need is log.

過労死にしても、いじめにしても、パワハラにしても、スマホのお陰で被害のデジタル・ログが、昔よりずっと簡単に残せるようになった。

ツイッターの書き込みや音声、位置データが動かぬ証拠になって、加害者を逃げ場なく、追い詰めることができるようになったと言える。

これはたいへん素晴らしいことで、やられている方は、せっせと証拠保全に努めたらよろしい。

動かぬ証拠を積み上げて然るべき措置を取れば、一発逆転、吠え面かかせることも簡単になった。

加えて、「ログが残る」という可能性だけでも、ハラスメントの大変な抑止力になってきている。

朱子学カルトはプライベートなログの保存の全く効かない江戸時代にできたものだったが、技術の進歩でもはや強き者が不当な弱い者いじめをできなくなっており、これは革命的な変化なのである。

密室の口頭でブチ切れたつもりが、全部録音されていた……というのが、豊田真由子の週刊誌報道である。

週刊誌も訴訟リスクを考えればもはやデジタルのログもないのに報道には踏み込まないわけで、ログがあって初めて掲載できる。ぐうの音も出ない。

ダダ漏れ社会になると、当たり前のように看過されていたハラスメントも洗脳も、どんどん解けてくるから愉快。

近い将来、バッテリーがもつようになれば、もはや「全ログ」をスマホで記録できるようになるだろう。「全録時代」の到来である。

個人も組織も、隠しごとが丸でできなくなって、正直な者しか信頼されなくなる。裏にまわるとひどいことをやってたヒラメや茶坊主が、サステイナブルでなくなってきたのは、いい兆候だ。

f:id:Mushiro_Hayashi:20170921215052j:image