kindle, 手ぶら, iPhone, 禁酒,ウォーキング,禁煙,断酒,ダイエット

徒手空拳日記

持たざる移動を追い求める手ぶら評論家。 手ぶらを、いつか当たり前のウォーク・スタイルにする。 人の行く裏に道あり花の山(利久)

今いる場所が書斎

PCや鞄を持たず手ぶらなので、今いる場所が書斎なのだ。

スタバのアプリでプラスチックカードなしのiPhone払いができるようになり、現金を持ち歩かない己っちは行く回数が増えた。

スタバアプリで支払い!その方法は?画像付きで詳しく! – ナゼナニ

iPhoneでKindleや自炊本を読んだり、フリック入力でブログを書いたりして漫然と過ごす。

しかしスタバは必ずコーヒーを注文して飲まねばならず、金がかかる割に雰囲気がわさわさしてる。

街にはもっとコスパの良い、寛ぎのスポットがごまんとある。

平日の百貨店は狙い目である。都心の一等地にいつまでこんな業態が残っていられるのかは甚だ疑問である。己っちみたいなフリーライダーの止まり木になっても、彼らは一円も儲からないのだから。

都心のホテルもいい。特にインバウンド需要を狙ってリノベしたり新規開業したホテルは外国人ばかりだし、彼らは観光に忙しいので、フリー席がめちゃくちゃ空いている。

公共施設も狙い目。己っちお気に入りの某スポットは、昼飯を食ったり、ひたすら寝てても全然怒られないので、喫煙OKのふざけたサブウェイでテイクアウト、そこでゆっくりと食べることも多い。隣にほか弁屋があるも嬉しい。

机やコンセントを棄てれば、東京の街には本当に無尽蔵のフリースペースがある。コワーキングスペースとか固定費のコストなぞ心底無駄である。

都バスの定期券を買って、フリースペースを気の向くままに漂泊しながら、仕事したり知的活動に勤しむ。

社会人らしく生真面目に鞄持ってると丸で見えない別世界があるのだ。

f:id:Mushiro_Hayashi:20170909214542j:image