kindle, 手ぶら, iPhone, 禁酒,ウォーキング,禁煙,断酒,ダイエット

徒手空拳日記

持たざる移動を追い求める手ぶら評論家。 手ぶらを、いつか当たり前のウォーク・スタイルにする。 人の行く裏に道あり花の山(利久)

デスク不要論

最近は徒手空拳、手ぶらの熱がまた高まって、とにかく要らないものを徹底して削ぎ落とし、余計なものはいっさい持たない主義なのだった。

現金は一円も持たず、プラスチックカードは社員証、クレジットカード、PASMOの3枚のみ。

現金がないと、現金しか使えない不健康な駄店には‪、端から‬行かなくなるから好都合。

手書きのメモはなんだかんだ言っても必要なので、ロディアのメモ帳(11番)とペン。

f:id:Mushiro_Hayashi:20170904210331j:image

人間とは、半分は理性なのだが、残り半分は狂人なので、半狂人の方の言葉も書き溜めるにはやはり、紙とペンはあった方が良い。

ついでながら、ロディア11は、こんなふうに簡易のスマホスタンドにもなる。

f:id:Mushiro_Hayashi:20170904202935j:image

最近特に思うのは、もう普段の読み書きにはデスクは全然要らないなあということ。

街には無料で座れる椅子だらけだけれど、デスクがついた椅子は1時間あたり数百円の金を取られたり、無料だと人気があり過ぎて、順番待ちになりがち。

スタバなぞに行くと、デスク席は常に熾烈で醜い席取り合戦が繰り広げられている。

椅子だけの席で読み書きが完結出来れば、どこにいても知的な生産活動ができる。iPhoneを二台持ってマルチウインドウ、手書きメモも、机の要る大きなノートではなく、掌で書けるロディアにする。

椅子から椅子へ渡り歩き、その合間に簡単な昼飯を食べつつ、仕事になんて丸で心を込めず、腹が減ったら、家に帰る。

毎日をそうやって、漂泊のなかに生きたい。