kindle, 手ぶら, iPhone, 禁酒,ウォーキング,禁煙,断酒,ダイエット

徒手空拳日記

持たざる移動を追い求める手ぶら評論家。 手ぶらを、いつか当たり前のウォーク・スタイルにする。 人の行く裏に道あり花の山(利久)

社会人から逃げよう

このツイート、その通り。

いじめられて学校辞めるとか言うと「それは負けだ」とか「逃げている」と言ってくる人(殆どが親や教師)がいると思うけど、それはそいつからしたら、君が逃げるとそいつらの都合が悪いからだけなんだよね。

親にしてみれば我が子が引きこもりになったら世間体が悪いし、教師にしてみれば、教え子が学校に来ないと査定が悪くなる。だから彼らはお為ごかしに「逃げるな」と絶叫する。

「逃げる」のは古今東西、普遍的に最善の戦略である。しかも全ての動物に共通する。「逃げる」ことを卑怯とか「敗北」とか「恥」と結びつけているのは日本だけで、朱子学カルトによる洗脳。目上の絶対権力からすれば、手下に逃げられてはかなわないので、儒学や武士道などをこねくり回して洗脳を徹底して来たのだ。

日本人が太平洋戦争でぼろ負けしたのも「逃げるは恥」という朱子学カルト洗脳のためだ。

だから繰り返しになるが、どんな時も例外なく、「逃げること」こそ最善の戦略ということを忘れずに。

気にすることなく、どんどん棄てよう、どんどん逃げよう。

棄てて逃げれば、新しいことが見えてくる、新しい人と会うことができる。

己っちも社会人を辞めて、社会人との交流を断ち、社会人の合法麻薬である酒を完全にやめてみたら、それまでの世界観がいかに狭く不自由なものか初めてわかった。まず社会から逃げる、まず社会を棄てる、それが大切な一歩である。

f:id:Mushiro_Hayashi:20170831203721j:image