kindle, 手ぶら, iPhone, 禁酒,ウォーキング,禁煙,断酒,ダイエット

徒手空拳日記

持たざる移動を追い求める手ぶら評論家。 手ぶらを、いつか当たり前のウォーク・スタイルにする。 人の行く裏に道あり花の山(利久)

レシートの賢い使い方

会社員なぞ、辞めても辞めなくてもどの道底抜けに自由になっちゃったからこそ、朱子学カルトを間遠にしながら、しぶとくベーシック・インカムという名の給料で生き長らえる術が大切である。

かといって、節約を目的におっさんが小遣い帳をつけるのは、みっともないうえに無駄である。

むしろレシートは必ずもらい、出来るだけすみやかに読み返して都度「反省」することが賢いのである。反省したらレシートはすぐに捨てちゃう。

その「反省」も簡単で、

  • そもそも買わなくて済んだものはないか?
  • 分量や頻度を減らせるものはないか?
  • より賢い代替物はないか?

の確認を行うだけ。

この三つで見ても、アルコールが如何にQOLを下げているか瞭然である。

己っち、ランチはコンビニの電マ飯が多いのだけれど、例えば今日だと、

  • 別売ドレッシングは要らないな
  • ペット飲料やコーヒーは滅多に買わない
  • サンドイッチってコスパ悪いから家からパン持ってこう

などすぐに方針を練り直せる。

溜めてまとめて分析するよりも、都度PDCAを回すことが賢さアップに繋がる。

レシートは、仮説先行の人生を身につける教材だ。

土台、消費と幸福は無関係であって、マイルールを高速で改善していくことの方が幸福と繋がっている気がする。

消費で幸せになろうとすると、消費のためにたくさんの時間を朱子学カルトに差し出さねばならなくなる。

幸せと消費を切り離す鍵は、PDCAを高速で回して、仮説検証を繰り返す楽しさを覚えることである。

  • ナシで済むことをみつける
  • 量や頻度を減らせることをみつける
  • よりよい代替物をみつける

とにかくこの三つを、銭と時間について高速で厳しく楽しく反省するだけで、ぐんぐん幸せになる。