kindle, 手ぶら, iPhone, 禁酒,ウォーキング,禁煙,断酒,ダイエット

徒手空拳日記

持たざる移動を追い求める手ぶら評論家。 手ぶらを、いつか当たり前のウォーク・スタイルにする。 人の行く裏に道あり花の山(利久)

若者の海離れ

こんな調査結果が発表された。

次代担う若者の“海離れ”鮮明に(日本財団) - BLOGOS(ブロゴス)

  • 若者の酒離れ
  • 若者のテレビ離れ
  • 若者のクルマ離れ
  • 若者のセックス離れ
  • 若者の読書離れ
  • 若者の電話離れ

「若者の〇〇離れ」に共通するのは、「同期的シングルタスクの強制感がめちゃ強い」ということ。

要するに、「そこでそれをやっている間、他のことが全くできない」作業は、忌み嫌われるのだ。

  • 飲み会に集まるのもかったるいし、集まったら酔うことしか出来ないし、酔った後も他のこと出来ない。
  • 例えば22時から始まる連ドラ観るには22時にテレビの前にいなきゃなんない。
  • クルマやバイクを運転している間は運転しか出来ない。
  • セックスもいたす前、いたす時、いたした後、全然他のことできない。
  • 本読んでる間はラインもゲームも出来ない。
  • 電話に出ちゃったら回線切るまで電話しかできない。

結局のところ海とは、飲酒や、セックス「いたす前」の場面違いでしかなく、既に酒やセックス離れしている若者が海離れしているのも自然である。

海もまた、ひとつの同期的シングルタスクということだ。

それらから離れていくのは、彼らが若いからというよりは、インターネットを通じて、非同期型のマルチタスクの心地よさにすっかり慣れてしまっているからで、海離れを悲しんでいる日本財団も、海より若者のギャンブル離れについて考察した方が良いかもしれない。

ガチガチに出走時間のある競艇、競輪、競馬といったギャンブルは、ものすごーく同期的シングルタスク強制が強いので、非同期型のマルチタスクに慣れた人には、とてもかったるい。