kindle, 手ぶら, iPhone, 禁酒,ウォーキング,禁煙,断酒,ダイエット

徒手空拳日記

持たざる移動を追い求める手ぶら評論家。 手ぶらを、いつか当たり前のウォーク・スタイルにする。 人の行く裏に道あり花の山(利久)

街をオフィスの延長として使う

phaさんのひきこもらない (幻冬舎単行本)のなかに、

街を家の延長として使えばそれでいいんじゃないか

とあって、己っちみたいなリーマンのオフィスにも展開できるなと思った。

冷戦期みたいに組織の上の方から各自の忠誠度合いに応じてどんぶらこと利益が流れてくる仕組みなら、みんな机に必死に縛られてないとならないけれど、もうそんなの丸で機能してない。

会社の固定電話はおろか、もはや携帯電話すらあんまり使わないし、固定席なぞ、iPhone充電くらいしか価値がない。

机に滞在しても全く利益は落ちてこないのに、ただ先に会社に入ったというだけでおっさんが偉そうにしてて、うざい。

だから街をオフィスの延長として使ってる。牽制球が来たら机に戻れるくらいのリード距離で、離塁感覚を楽しんでいる。

会社固定席より遥かに「アイデア・エナジー」も味方にできるし、なかなか良い。

セブンイレブンのイートイン

オフィスの周りにもたくさんあって、かなり早いWi-Fiも使える。印刷やスキャンもできる。

社食で同僚と飯を食うよりここでサクッと食べた方が、時間も無駄にならない。食べ過ぎも抑えられる。

都バス

都バス定期持ってるので飛び乗って、涼しい車内で仕事するのもかなり捗る。

バスってなぜか、昼寝も気持ちいい。

途中で降りて適当なカフェで仕事するもよし。

カラオケボックス

もはや時間で借りられる部屋だ。完全禁煙、持ち込みOK。

しかも昼は格安で使えるので、オープンスペースではしにくい音声入力や込み入った電話も捗る。昼寝も出来る。己っちのよく行く「まねきねこ」はWi-Fiも完備で言うことなし。