kindle, 手ぶら, iPhone, 禁酒,ウォーキング,禁煙,断酒,ダイエット

徒手空拳日記

持たざる移動を追い求める手ぶら評論家。 手ぶらを、いつか当たり前のウォーク・スタイルにする。 人の行く裏に道あり花の山(利久)

7時間眠るようにしている

Nスペ「睡眠負債」を観た。

睡眠負債が危ない|NHKスペシャル

これ観ちゃうと「寝てない自慢」とかあり得なくなる。要するに、よく寝ないとQuality of Lifeが絶対下がるという事実が統計的に有意なのだ。

世界をつくった6つの革命の物語 新・人類進化史

この本は超おすすめで、人類の夜光革命史についても書かれている。

電灯発明前は、人類は鯨の脂で夜光を得ていたのだが、殆どの人はぐっすり寝ていた。なぜなら鯨の脂は高くて、普通の人は買えなかったからだ。

電灯発明以来ずっと、人類は睡眠時間を削るばかりで来たけど、脳生理学に無知だっただけ。

己っちは、だいたい毎日7時間は眠る。

まず睡眠時間を十分に確保の上で、無駄な同期的シングルタスク時間を減らす。

覚醒している時間価値を高めるサービスが、今後より一層支持されるだろう。

睡眠時間削ってまで無駄な電話や会議してる奴は、単なるアホだということになる。

また睡眠にとってもアルコールは一利もなし。Nスペでも、寝酒は眠りが浅くなるから絶対やめろ! とのこと。

アルコールは、睡眠劣化だけでなく、覚醒時間という希少資源も惜しみなく奪う。

酒のシングル・タスク性は強い。飲んでしまうと、結局飲むこと以外何もできないのだ。飲み終わっても快復まで4,5時間更に無駄になる。本当に何ひとつメリットがない。

大切な人と会話するなら、アルコール抜きの方が遥かに有用で創造的な時間を過ごせる。

素面で話していて退屈ならば、結局のところ、そいつはつまんない奴ということだ。