kindle, 手ぶら, iPhone, 禁酒,ウォーキング,禁煙,断酒,ダイエット

徒手空拳日記

持たざる移動を追い求める手ぶら評論家。 手ぶらを、いつか当たり前のウォーク・スタイルにする。 人の行く裏に道あり花の山(利久)

呑み放題の愚挙

虎党酔い過ぎ?京セラドームに救急車7台 飲み放題付きチケットエリア拡大影響か/野球/デイリースポーツ online

ソフト・ターゲットになりうる野球場でぶっ倒れるまで飲む愚か者は、テロで死んでも文句は言えないね。

呑み放題付きチケットなんて何で売ることが許されるのか、球団経営に世界的視野に立つ良心がない。

飲み放題と聞いて喜ぶ人が多いのだろうか。粗製乱造された安い蒸留酒に砂糖水加えてじゃんじゃん飲まされることを、楽しいと勘違いしているのなら、心底お気の毒だ。

安酒で半殺しにされ、考える「脳力」と時間と金を奪われる愚民。

最近は、もう呑みュニケーション完全お断りの己っちだけど、昔は節目節目だけは仕方なく同僚の飲み会には付き合っていたんだけれど、その時本当にやめてほしいと思っていたのが、呑み放題プランである。

飲まない己っちからすると、周りが意地汚く鯨飲してハイペースに壊れていくのに付き合う精神的負担が重かった。

酔うと見境がなくなり、許容量を越えてアルコールを求める人々の「動物に劣る醜態」を目にするのが辛い。人間以外の動物は酒飲まない。

アルコール規制についての議論に、飲み放題禁止の検討もあるようだから、是非とも飲み放題は法律で完全に禁じて欲しい。

アルコール飲み放題とは、「覚せい剤あぶり放題」「大麻つかみ取り」と全く同じことである。

それから「ちょい呑み」も、アルコールを毛嫌いする己っちからすると迷惑だ。

酔狂な奴らは長っ尻で煩いし、酒臭い。

「ちょい呑み」で儲けようとしている店は、大抵が脱税目当ての現金オンリーでタバコにも甘い。

形だけの分煙なぞ単に副流煙をよく混ぜているだけである。

まあ己っちは行かないからいいけどね。