kindle, 手ぶら, iPhone, 禁酒,ウォーキング,禁煙,断酒,ダイエット

徒手空拳日記

持たざる移動を追い求める手ぶら評論家。 手ぶらを、いつか当たり前のウォーク・スタイルにする。 人の行く裏に道あり花の山(利久)

夏の手ぶら

夏場の手ぶらウォーキング・スタイルは更なる削ぎ落としが求められる。

ジャケットなしでも身軽な手ぶらを実現する為に、ごく僅かな持ち物に対しても「本当に必要か?」の厳しい自問自答を繰り返すことになる。

例えば、ドトールやスタバの会員プラスティック・カードを持ち歩くのがだるいので、喫茶はミスドに集中する。ミスドのコーヒーも企業努力でいつの間にか美味しくなっている。

ミスドのコーヒーは何と言ってもおかわりOKなのが素敵。飲茶系のフードもあって、小腹まで満たせる良質な電マ飯である。しかも最近のミスドは完全禁煙の店が多い。

更には、ミスドはiPhoneアプリだけで現金チャージ出来てしまう先進システムを採用しているのだ。

ドトールは会員カードを持たなくても、PASMOで支払えるので、もう喫茶店会員プラカはいっさい持ち歩かない。

ポケット・ティッシュも、体積が大きいのでハンカチは、洗ってすぐ乾くマイクロファイバーのものにチェンジ。

テイジン タオルハンカチ ミクロピュア ダークブルー

小型、軽量かつマイクロファイバー製なので、頻繁に洗って乾かせる。また湿らせて顔を拭けば、ウェットティッシュの代用にもなる。

その他、耳栓は持たずAirpods に絞り込むこと、紙のメモ帳も持ち歩かず、ダイソー情報カードと、極小ボールペンに切り替える。

暑くなってくると、実は都内の移動で楽なのは、都バスなのである。

都バスは一日乗り放題500円なので、満員電車を避け、読書をしながら冷房の効いた都バスでのうのうと出社するのもアリだ。勿論帰りもバスで帰る。己っちは定期券という不自由を持たないので、そういったオプションもアリなのだ。

都バスは無料でWi-Fiも繋がるし、余程のことがなければたいてい座れるし、夏の都バスは、移動書斎なのだ。