kindle, 手ぶら, iPhone, 禁酒,ウォーキング,禁煙,断酒,ダイエット

徒手空拳日記

持たざる移動を追い求める手ぶら評論家。 手ぶらを、いつか当たり前のウォーク・スタイルにする。 人の行く裏に道あり花の山(利久)

老人がキレる真因は孤独ではない

日本の高齢者は、なぜこうも「不機嫌」なのか | 「コミュ力」は鍛えられる! | 東洋経済オンライン | 経済ニュースの新基準

キレる中高年、精神科医が指摘する哀しき理由 | ニュース3面鏡 | ダイヤモンド・オンライン

己っちは、敬老思想を毛嫌いしているので、街で理不尽に老人にキレられたら、顛末を録画してネットにうぷする。

いまの老人って団塊世代。数だけ多くて何の役にも立たなかった世代である。

質は低いのに量は多いから、彼らが中間管理職になる80年代後半にアサヒ・スーパードライがバンバン売れたし、ハイボールも、定年間際の胃袋がもうビールを受け付けなくなったからウケただけ。

酒造政商のマーケティングなぞ、単に胃袋問題でしかない。

老人がキレる真因は孤独ではない。

アルコールである。彼らはじゃんじゃん浴びるように酒を飲んで飼いならされた半殺し社会人をやって来た世代なので、アルコールへの警戒心も、正しい知識もほとんどない。

彼らは冷戦期の組織ごっこしかして来なかったから、会社や社会から相手にされなくなったあと、中身がすっからかんなことに唖然として、その孤独に耐え切れずにアルコールをOverdose する。

依存症まで至らなくても、アセトアルデヒドの残留した身体は酷く不調であり、不快そのもの。

アルコールによる慢性不快感が、キレる真因だ。

「孤独が原因だから老人を孤独から救おう」という論調に、己っちはいっさい与しない。

食いつなぐことのできる孤独は別に不幸ではない。無縁やのたれ死にもまたよろし。「子や孫に囲まれて楽しく生きる」なんてライフスタイルは、この50年くらいで東芝やサザエさんによって捏造された物語でしかない。

老いてアルコールやテレビ漬けになる思考停止こそが問題であって、独り独りが自分の頭で生き方を考え抜くことでしか解決しない。

消毒液のアルコール臭ですら不快感を堪え切れない己っちからすると、あんなものを美味しいと信じている人達が、心底お気の毒であるが、己っちには丸ごと関係ない。