kindle, 手ぶら, iPhone, 禁酒,ウォーキング,禁煙,断酒,ダイエット

徒手空拳日記

持たざる移動を追い求める手ぶら評論家。 手ぶらを、いつか当たり前のウォーク・スタイルにする。 人の行く裏に道あり花の山(利久)

たったひとりでできるプロジェクト

仕事を終えて大学図書館へ。公立図書館より快適、しかも利用料は格安。

また巨額減損のニュース。

東芝に続き、日本郵政も海外企業M&Aで巨額減損? 経営は大丈夫か? | THE PAGE(ザ・ページ)

本質的には、失策の過去を金で盛り返そうとするから無理が出るのであって、着々と勉強しながらグローバル化してきた地道な製造業と、一朝一夕で買収によってグローバル化を急ぐ単なる土管屋の日本郵政とは訳が違う。

失策や不作為を金でリカバリーすることなど出来ない。足元を見られて金を吸い取られるのが、関の山。

過去にこの手の大損をこいている会社の事件簿を見るに、たいていの会社が矢鱈と官僚化してしまい、社内の覇権争いの牽制球や見せ球として、大型の海外買収に手を出し、失敗するケースが目立つ。

後悔先に立たず。失った過去はどんなに金を積んでも買えないという真理を、いい歳こいたおっさんがなんでわからないのか、意味不明である。

会社組織なんてもので権力闘争やっても時間と金ばっかりかかって無駄。

己っちは残りの人生はひたすら「たったひとりでできるプロジェクト」に絞り込んで模索していく。組織に汲々とする会社員にもはやなにもいいことなし。サラリーを頂戴する分だけクビになるまで適当に仕事をして、残りの時間リソースはほとんどを「たったひとりでできるプロジェクト」に密かに注ぎ込む。

終身刑の囚人が穴を掘って脱出を果たすような試みだが、楽しいのでなんとかなるだろう。

朝は例外なく6:00に起きて2時間を知的生産活動に振り向けて、仕事の後は大学図書館へ。ニュースもドラマもテレビはいっさい観ないことに決めた。