kindle, 手ぶら, iPhone, 禁酒,ウォーキング,禁煙,断酒,ダイエット

徒手空拳日記

持たざる移動を追い求める手ぶら評論家。 手ぶらを、いつか当たり前のウォーク・スタイルにする。 人の行く裏に道あり花の山(利久)

イタい仕事ぶりを考える

己っちはスーパーラショナル、つまり超合理主義者。

意味のわからないこと、ひとりよがりで手前勝手なことをしてくるやつらを、徹底的に蛇蝎の如く忌み嫌う。

己っちからすると迷惑千万、非合理で痛ましい仕事ぶりを列挙したい。

何でもかんでも電話してくる

電話が最良な手段の場面は、インターネットの時代であるのだから、混み入った話の連絡(しかも電話も事前にアポすべき)、それ以外ははっきり言って相手に迷惑である。フットワークを誤解している。或いはフットワークにかこつけてエゴを押し付けてきやがる。後者が多い。

よくあるのは、自分が抱え込むのが嫌ですぐに手離したいから電話してくる奴と、いかにも自分が多忙で有用であることをアピールする為に電話してくる奴。

取り敢えず会おうとする

目的が会うことになっていて、会ってみると何がしたいのかよくわからない。会議を定例にしたがる。流石に会うことが目的というわけにも行かなくなると、経費を使って接待しようとする。

失った過去を金で買おうとする

東芝のWH買収は、既存方式とは異なる原発の方式で成功を急ぎ、時間を金で買おうとしたのだと言える。

そもそも、過去の失った時間は金で取り戻せない。失策や不作為によって出遅れたものを無理して挽回しようとしても、足下を見られたり、騙されたりするだけである。遅きに逸したことをなんとかして取り消したい法人や個人は、無茶筋に狙われやすい。

呑みュニケーションやタバコミュニケーションにまだ意味を感じている

飲めばわかる、は単なる幻想である。その場は盛り上がっても、翌日になれば必ず元に戻る。飲み代をどちらが払っても貸し借りになるし、割り勘も世知辛い。

タバコは流石に減りつつあるが、大きな会社だと屋内外完全禁煙のところも増えてきた。タバコ一本吸えば10分弱だろうか。仕事中に5、6本吸えば1時間近くサボってることにもなる。

酒やタバコには、はっきり言ってコミュニケーションを円滑にする機能なんてない。アルコールやニコチンへの依存に言い訳を与えているだけである。