kindle, 手ぶら, iPhone, 禁酒,ウォーキング,禁煙,断酒,ダイエット

徒手空拳日記

持たざる移動を追い求める手ぶら評論家。 手ぶらを、いつか当たり前のウォーク・スタイルにする。 人の行く裏に道あり花の山(利久)

同期しない人生

「外出する人」過去最低 高齢化やネット普及が影響か | NHKニュース

このニュースと同じく己っちもどんどん外出が減っている。今年マイカーを手放して心底スッキリした。旅嫌いというよりも、移動そのものが好きではない。平日は出社ギリまで家にいるし、定時で退いて、どこへも寄らずの帰宅が何より。

休日わざわざの買い出しが億劫で、コンビニばかり。コンビニが多少割高でも時間価値やカーシェア代を考えるとリーズナブルだ。

Amazonも使うけど最近の宅配委託業者がクソで、怪しい人物が自宅に来るのが嫌で、最寄りコンビニで受け取ることが多い。コンビニまで配るのはクロネコ縛りだし、いつでも受け取れる。

楽に生きるコツは、社会人が全国レベルで同調する行事に土台、同期をしないことに尽きる。

大掃除や衣替えなんぞの行事は、花王やクリーニング屋が儲かるだけで、そもそも大袈裟な一日仕事の無駄を、生活からなくすことが大切だ。

百貨店やレストランの高級おせち料理などは、恵方巻きレベルの現代マーケティングでしかない。こんなもんに大枚叩く奴は情弱でしかないと思う。初詣も元日に行くとなんだかんだで混んでいるので、行くにしても5日くらいがちょうどいい。神仏など気にしなくなってこそ一人前だ。

盆暮れに遠出しないこと、金曜日に外食しないこと、昼時にレストランで飯を食わないこと、春秋の交通安全週間にクルマを運転しないことなどなど、世間様の思考停止のピークから巧妙にズレた人生こそ、豊かさの母である。

人を同期させようとするのは、基本的に効率的に動員したり儲けたりすることを狙う権力者、豪商、政商の仕業である。