kindle, 手ぶら, iPhone, 禁酒,ウォーキング,禁煙,断酒,ダイエット

徒手空拳日記

持たざる移動を追い求める手ぶら評論家。 手ぶらを、いつか当たり前のウォーク・スタイルにする。 人の行く裏に道あり花の山(利久)

まずは時間革命をこそ

半年程前からSiriを使いはじめたが、この半年でさえ、音声入力精度がぐっと良くなっている。仕事でも最近はSiriで入力することが多い。キーボードを端から使わないと、自ずとメールはシンプルになる。Googleの音声入力に比べて、Siriは句読点や改行も指示できるのがいい。

音声認識と画像認識は、コンピュータという脳にとっては耳と目で、耳目の正確さが日進月歩で高まるのはすごい。まあ耳が良くなっている、というよりは、頭が良くなっているのだけれど。

今日は風呂に浸かりながら、Siriで書いている。己っちのブログの長さは、天声人語(笑)と同じ600字ほどにしているけど、いつも1000字は書いて削って600字前後にする。

12月から毎日更新しようとしているけれど、音声入力がなければ難しい。

音声入力は革命である。風呂につかりながら文字が書けるのは空間革命である。空間革命とセットで必要なのが、時間革命だ。

時間革命は社会ドラッグから自由になることが前提となる。

①アルコールからの自由

②テレビジョンからの自由

③社会人からの自由

これらなしに時間革命も空間革命も享受できない。①②③で一日の質が2倍、3倍になる。特に①が、②③の主因となる。倦怠感や眠気がなくなり、老化だと思っている現象は、実はアルコールによるものだと気付く。

「人生は、生まれたから死ぬまで生きているという、たんにそれだけのこと」(池田晶子)

時間革命と空間革命こそが、「たんにそれだけの」その日その日を強く濃く生きることに繋がる唯一の道である。