kindle, 手ぶら, iPhone, 禁酒,ウォーキング,禁煙,断酒,ダイエット

徒手空拳日記

持たざる移動を追い求める手ぶら評論家。 手ぶらを、いつか当たり前のウォーク・スタイルにする。 人の行く裏に道あり花の山(利久)

「期待しない」はスキルである

つい半年前まで半信半疑だったことが、いまでははっきりと確信できることも多い。

他人と意見交換することで己が穢れる

協調性縛りのきつい日本では、傾聴や協調性が過度に重視されているが、結局のところ、わかりあえない。

他人がもっともらしく話していることは、実は本当に考えていることではなくて、なんとなく言ってみている程度であることが殆どで、他人に対して練りあげた思想をいくら語りかけても、無駄であるばかりか、程度の低い思想が流入することで、思考回路が詰まったり、余計な停滞が起きてしまう。

他人の意見(のカタチをした嘘くさい言論)が入ってきそうな場面(会食や会議、テレビ番組)を極力避けて、他者が入り込まないようにすることが大切である。

社会的常識には、価値がまったくない

社会的常識とは洗脳そのもの。日本には儒教的な朱子学カルト思想が根強く残っていて、ひとりひとりへの経済的な分配が乏しくなると、儒教的カルト思想が末端を支配しようとする力が強くなる。

特に、弱い立場の人間の犠牲を美徳として持ち上げる言説には付き合ってはならない。「営業魂」という言葉に最近出会ったのだが、この種の精神論が出てきたら、破滅が近い。

未来や他人を期待してはならない

未来や他人はあなたとは無関係。他人など数年すれば殆どが目の前を、流されていく。子供をもうけることも実は、未来でも期待でもない。いっさいを期待しないことからすべてが始まる。「期待しない」はスキルである。