kindle, 手ぶら, iPhone, 禁酒,ウォーキング,禁煙,断酒,ダイエット

徒手空拳日記

持たざる移動を追い求める手ぶら評論家。 手ぶらを、いつか当たり前のウォーク・スタイルにする。 人の行く裏に道あり花の山(利久)

マウスピース

意図して生活を単調にする。

決まった時間に起きて、決まってヤクルトを飲み、それ以外はなにも口にせず、決まった時刻の都バスで会社へ行く。

会社では予め短縮登録された20程度の文章を組み合わせることで仕事をこなす。定型文に合わないことは屁理屈を並べて誰かに押し付ける。

下と気持ちよく仕事するのは己っちの責任だけど、上と気持ちよく仕事するのは上の責任であり、知ったことではない。

腐った卵を産む鶏は、場所や飼い主を替えても決してよい卵を産まない

郭台銘(鴻海社長)

上司が鶏なら、部下は卵だ。朱子学カルトにおいては、卵が鶏を敬えなどという時間の狂っためちゃくちゃな教条があるが、どう考えてもおかしい。

己っちは、ダメ上司には面従もせず、沈黙の腹背を決め込む。

かといって、部下という名の肉袋に目をかけたりなどしない。業務連絡以外は無駄口も叩くことなく、他人の悪口や、組織への批判などもいっさい封印する。

己っちは、肉袋のことは、どうでもいい。精勤や忠誠、和合や団結は、攪乱してオムレツにでもしてくれ。

サボっては、Kindleで本を読み、よく眠る。マウスピースを持ち歩いて、サボる寝のときも必ず口にはめる。うたた寝でも、職場で朱子学カルトをやり過ごしている苦痛が、歯ぎしりになって漏れ出てしまう。

意図して生活を単調にする。誰からも急ぎの連絡は入らない。他人からはよくわからないひとになっていく。鶏が先か卵が先か? 間違いなく鶏が先。そんなもん、愛想笑いすら浮かばぬ愚問である。