kindle, 手ぶら, iPhone, 禁酒,ウォーキング,禁煙,断酒,ダイエット

徒手空拳日記

持たざる移動を追い求める手ぶら評論家。 手ぶらを、いつか当たり前のウォーク・スタイルにする。 人の行く裏に道あり花の山(利久)

日本の三大麻薬

重要なある決断をして、うまくいった。

己っちを変えていこう。

今年もあと3ヶ月となった。

日本は今も朱子学カルトに支配されている。江戸時代に戦争をしなくなった武士が、朱子学をイデオロギーとすることで日本は続いてきた。日本は、まるで違う国であるかの如く戦前と戦後に分けられるが、朱子学イデオロギーで動いてる意味では、18世紀から全然変わっていない。

朱子学イデオロギーを駆動するのが、以下の三大麻薬である。

社会人組織=会社

社会人とは、権力者に忠義を持って生きている者である。同調し空気を読むことで権力者に易くなびく存在となる。利益の結社が会社であり、会社の忠実な構成員を養成するのが学校である。

社会人であることは正義よりも重視され、東芝や三菱自動車のような組織的不正にも社会人であれば平気で加担する。

アルコールというドラッグ

日本はアルコール漬け。組織集団で酒を呑むことを過剰に肯定する。朱子学イデオロギーはアルコールでキメる組織が前提である。アルコールを介した儀礼によって結束を強める。

大学生になると教育にもアルコールが入り、社会人予備校となる。会社員も、仕事より組織で酒を飲んでいる時間の方が長い。

テレビという物語

朱子学カルトの単純で強い物語を繰り返し大声で叩き込む手段として、テレビは機能する。家でも旅先の宿でも、あらゆる待合所にも中心にテレビがある。テレビは、アルコールと並んで朱子学カルトのイデオロギーを届けるメディアである。