kindle, 手ぶら, iPhone, 禁酒,ウォーキング,禁煙,断酒,ダイエット

徒手空拳日記

持たざる移動を追い求める手ぶら評論家。 手ぶらを、いつか当たり前のウォーク・スタイルにする。 人の行く裏に道あり花の山(利久)

仕事のメールを身軽にする

人類はメールで仕事をするようになって、否応なしに組織ではなくてネットワークによって仕事をするようになった。宛先に誰を排除するかを個々人が選べるようになったということは、つまり情報ネットワークを選択していることに他ならず、未だに電話中心で仕事している会社員はオワコンである。

出先表のある会社は危ない。出先表なんぞ、有線電話回線しかない時代の遺物でしかなく、いまとなっては相互監視、アリバイ作りのツールでしかない無用の長物である。

f:id:Mushiro_Hayashi:20160910135912j:image

己っちのメールの使い方は少し変かも知れない。特徴は3つである。

嫌いな奴のメールは読まない

ほんこれ。精神衛生上これに尽きるのだ。ルール設定で「(読まずに)既読」「処理済みフォルダ直行」。捨てはしない。ごく稀に後々遡って読まないといけない場面があるからだ。しかし殆どのメールは読まずに済ます。

CCメールは読まない

己っちにTOのメールはタイトルを読むが、CCのメールもルール設定で「(読まずに)既読」「処理済みフォルダ直行」で問題ない。そもそもCCの多いメールを送りつけてくる奴は大抵無能。

1日に2回しかチェックしない

上2つのルールでふるい落とせば、重要なメールは実はあんまりない。クライアントのメールだけは、ルール設定でiPhoneにリアルタイムでアラートが出るようになっているので、それ以外のメールは1日2回のバッヂ処理で問題ない。本当に急ぎの連絡であれば電話がかかってくる。