kindle, 手ぶら, iPhone, 禁酒,ウォーキング,禁煙,断酒,ダイエット

徒手空拳日記

持たざる移動を追い求める手ぶら評論家。 手ぶらを、いつか当たり前のウォーク・スタイルにする。 人の行く裏に道あり花の山(利久)

クラウドと手ぶら

高城剛の言葉から

あたらしい生き方を提案できる者、クリエイションできる者が、真の二十一世紀のクリエーターだと思います。僕もあと20年かけて、それを目指したいですね。

自分はクリエーターではないが、あたらしい生き方を生きたいという気持ちは強い。

最近の関心事は、”ハード・ディスクの整理”である。整理とは削ぎ落として最小にすることだ。

ハードウェアの情報から自由になりたい。これが「あたらしい生き方」なのかどうかはわからないが、この欲求と手ぶらでありたい気持ちは、とても近い。

書籍というハードウェアの整理

かなり所有していた書籍も大幅に減らし、大学図書館で読書するスタイルに替えた。大学にある本を先ず読むことが、限られた人生時間の読書効率を上げることだ。自炊は全てEvernoteに収納するし、Kindleは端からクラウドである。

コンピュータのハード・メモリも最小

iPhoneのメモリは最小だし、使うアプリも徹底的に整理。

PCはChromebookだ。音楽も写真も、少しずつクラウドに移行しつつある。

サブ機のiMacを使い倒したら、Chromebook以外のパソコンはもう所有しなくなるだろう。

脳みそをハード・メモリに使わない

漢字を書けなくてもいい。過去を忘れてしまってもいい。手書きの詳細なメモを取らなくなった。脳みそは、いまここを楽しくすることに集中して使う。脳みその能力は殆どを考えることに費やしたいのだ。