kindle, 手ぶら, iPhone, 禁酒,ウォーキング,禁煙,断酒,ダイエット

徒手空拳日記

持たざる移動を追い求める手ぶら評論家。 手ぶらを、いつか当たり前のウォーク・スタイルにする。 人の行く裏に道あり花の山(利久)

手ぶらにおいて何を身に付けるか

ノームコア、エフォートレスはいいもんだ。スティーブ・ジョブズやマーク・ザッカーバーグが同じ服しか着ないことに共感。服で個性を表現すること自体、20世紀的なのではないか。

会社に着ていくものを考えるのが面倒なので、ユニクロである。

ジャケット

ユニクロは工夫があって、スマホやペンを入れるポケットがあるし、素材の割に安い。一度採寸すれば通販でOK。5000円以上買えばセブン-イレブンで受け取ることができる。

シャツ

綿100%の白シャツ、ワイドスプレッド以外持っていない。自宅で洗って吊るして乾かせばアイロンも不要。

胸ポケットには何にも入れない。昔は小型メモやジェットストリームを入れていたが、iPhone音声入力や、Evernoteの手書きで十分。

エアリズム

シームレスタイプの肌色を着用。縫い目がないので、素肌にシャツを着ているのと変わらない。下着はステテコ丈のもの。夏でも歩くので汗を蒸発できるエアリズムはとても快適だ。

アシックス

手ぶらウォーキングにぴったりのビジネス靴は、アシックスではないか。毎日15000歩くらい歩くので、ちゃんとしたいいものが必要。

腕時計はしない

Appleウォッチは結局、iPhoneのリモコンでしかないので買わない。Appleウォッチ2は単体で通信できるかもしれないので楽しみにしている。iPhoneを見ながらAppleウォッチで音声入力するマルチタスクができるようになると、魅力的だ。