kindle, 手ぶら, iPhone, 禁酒,ウォーキング,禁煙,断酒,ダイエット

徒手空拳日記

人の行く裏に道あり花の山

信用というあくたもくた

過去を奈落に放擲して「いまここ。」の奔放な野性だけに生きるには、兎に角、手ぶらは欠かせない。大きな荷物を背に括って、哀しい顔をして生きている社会人には、なりたくない。

しかし面倒なのはプラスチック・カードである。こんなものを石油からつくりだした米国人を心底、ただ憎悪している。持ち歩くカードを最少にするには、予め「しない行為。」を、しかと心に決め置くしかない。

休日にまで飼犬畜生でもあるまいに社員証を持ち歩いたり、逆に休日しか使わないチンケなポイントカードを平日持ち歩くのも、糞骨を折るだけである。

荷を軽くするには迷いを一切合切、棄てることしかない。迷いとはつまり邪念そのものである。

持たないものを決めることは、結局のところ、「絶交。」を腹に抱え持つことに他ならない。要らないカードは即刻、大きな洋裁鋏でその交際を絶つ為に、斬り捨てるのである。信用カードなどと名を付けた愚か者を呪いながら。

仕方なしに使うカードは、とあるコンビニのクレジットカードだけである。Suicaや PASMOなど電子マネーカードも持ち歩かない。JRや地下鉄の移動履歴を、何処の馬の骨ともわからぬぽっぽ屋に吸い上げられるのが、不気味かつ不快で嫌なのである。

iPhone Xがあれば現金もアプリだけで引き降ろせるから現金も丸で持たない。

私は現金や言葉、女といった「貨幣」のことを心の底で憎悪しており、それらを一切持たないと決めている。都内で未だに現金しか使えない店なぞ、せこい脱税目当てでしかなく、こちらから金輪奈落、お断りである。