kindle, 手ぶら, iPhone, 禁酒,ウォーキング,禁煙,断酒,ダイエット

徒手空拳日記

人の行く裏に道あり花の山

雑記

人々の言葉を無視することの巨大な価値

ハラスメントやアディクションがシステムの中枢に巣食う朱子学カルト社会において、ラクに楽しく暮らしていくにはどうしたら良いのか? それは人々の言葉をガン無視することである。朝○新聞に書いてあること、芸能人やNHKアナウンサーのテレビでの発言、定量…

Amazonで白新聞紙をゲット

Amazonで「白新聞紙」つまり何も印刷されてない真っ白の新聞紙が売ってて、購入。配送費用込み10キロで2000円しない。 これって多分、「新聞は購読したくないけど、新聞紙はなにかと生活にないと困る人(猫のトイレとか)」が買うんだろうけど、私は大きなメ…

宣伝、精糖、精油、酒精

「オマエの家族皆殺し」スルガ銀、上司による壮絶な恫喝(朝日新聞デジタル) - Yahoo!ニュース スルガ銀行って、少し前まで世の中的に物凄い優秀な地銀として持ち上げられてた。でも実態は絶大な権力を持った経営者の下で平気で組織的不正に手を染める朱子…

ソリューションのコモディティ化

昨年体重を減らそうと思って、管理栄養士から毎食のアドバイスをしてもらうサービスをウン万円支払ってやったのだけど、今はもう殆どそれと変わらないアドバイスが無料のアプリでできるようになっている。もちろん有料コースもあるんだけど、それだって月300…

コンセプトの時代遅れ

今日は「2○時間テレビ」が年々超絶キモくなる理由を考えたい。 24時間テレビはチャリティーでギャラもらえるのに、東京五輪は巨大なビジネスなのにボランティアはタダ働きっておかしいと思うのは、私だけ? — デーブ・スペクター (@dave_spector) August 25,…

コミュニティとかコミュニケーション

アルコールをやめると「友達をたくさん作らなきゃならない」「みんなと仲良くやらないといけない」といった抑圧から解放されて、精神的にすごく楽になる。 アルコールがないと手に入らない友達やコミュニティが、そもそも人生に不要になるからだ。 小田嶋隆…

酒を水のように売るな

不明2歳児を見つけた78歳の尾畠さんをみていると、偉くなくても正しく生きることの大切さを教えてくれる。腐り切ってる政財官学の奴等は彼のことどうみているのだろう。 人間は何も食わなくても1ヶ月くらいは生きられるらしいんだけど、水は1週間も絶たれる…

スクワットをきわめる

退屈でしょぼい毎日こそ、しょぼい私が辛うじて続けられる人生なので、この先20年ぐらいの人生を、いかに屁のようにしょぼく生きるか? そればかり考えてる。 しょぼくて結構な替わりに、奴隷はとことんお断り。朝早くから仕事なんてしないし、もらった名刺…

「小並感」どころか「ぺ並感」へ

そもそも他人と仲良くやる必要なんてない。 嫌いな人ともうまくやって、チームワークを大切にするとか、一致団結して、大きなことを成し遂げるとか、そんなもん全て、この500年の欧米がでっち上げた、総力戦のための総動員イデオロギーでしかない。このクソ…

凡才バカ盆

月曜10時前の地下鉄にいつも通り乗ってみたら妙に人が少なくて、嗚呼盆休みなのだと気づく。 日本の三大「お陀仏汚物」①アルコール②テレビ③政財官学を完スルーしているので気づくのが遅くなる。 お盆に生真面目に休んでいるリーマンは、バカのリトマス試験紙…

二つのお買い物

この前のAmazonプライムセールで買った唯一のモノはタブレットのFire HD8で、三千円引きの5980円。 これ、超絶コスパ良くて大満足。Amazonのカスタマイズされてるけど、ちょっと設定いじれば完璧にAndroidになる。下手すると10倍するiPadとかは全然いらない…

自由とは奴隷ではないこと

一日置きにスクワット100回、プッシュアップ50回、アブローラー50回を続けている。あとはこまめにエスカレーターは使わずに階段を使うなどして毎日一万歩。20年後も続けられることしかしない。走ったり泳いだりするのは今はいいけど20年後は無理。だからやら…

ヒトモノカネの極小化

夏野菜が猛暑で全然ダメで、今夏は早めに見切って畑を全バラし。更地に戻して秋野菜に備え、施肥をする。昨夏に比べると、特にきゅうりと枝豆がダメだったなあ。今月下旬まで土づくりの為に放置。夕方から2時間、いい運動になった。 ソ連が崩壊した時、共産…

なぜ夏祭りをやるのか?

地域の夏祭り。テキ屋を締め出したから地元一般市民による手作り屋台なのだが、年を経るごとに歯抜けして、しょぼくなっている。地域の為に手を貸す人が減ってきているし、そもそも夏祭りなぞなんのためにやっているのかよくわからない。 屋台で売られている…

ぽっぽ屋の仕事ごっこはそのうちなくなる

発車ベル「もうやめる」 駆け込み防止に“苦肉の策” JR東日本が実験 - 産経ニュース 日本のぽっぽ屋が発車ベルを「本当に必要なもの」と考えていることが、そもそもおかしい。日本のぽっぽ屋にいつも思うのだが、こいつらは海外の鉄道輸送サービスを、向学…

滅んでもかまわない

若い人(20代)って、もう新聞って1割も読んでないんだな。 新聞購読率減退中、2015年では高齢者すら減る(2016年)(最新) - ガベージニュース まあ確かに、読んでも全然面白くない。 「記者」とは名ばかりで、単なる生真面目なサラリーマンが、組織やお客さん…

自宅待機、死者の書、サウナ

ひどく暑いので自宅待機。揖保乃糸を氷水にすいすい泳がせる。氷が無限に作れる幸せを噛み締めながら、キンキンに冷えた麺を啜る。 AmazonのセールでKindleファイアを買う。最近Amazonビデオみまくりで、古いiPadだと不都合が目立ち始めた。タブレットはある…

真夏のヌーディスト浜辺にて

私の全裸ビーチである都内某銭湯で放心。 クソ暑い夏にマッパでプラスチック製の白いチェアに座って脱力していると、90年代のJ-POPが聴きたくなる。 My Little LoverのHello, Again 〜昔からある場所とか、夏の日の1993とか、森高の渡良瀬橋とか、全裸でソニ…

全録生活

ライフログという言葉、いっときよりも聞かなくなったのは、生活に定着したからだろうか。いや……そんな感じもしない。むしろ世の中は、ライフログをつけない方向に動いてる気がする。今回の大水害は、クルマのドラレコも水没してしまうほどの酷さだった。メ…

ポスト平成にあるもの

タイムズのカーシェア会員数が100万人を超えた。この規模になってくれば是非、カーシェア専用カーをつくって、全部それに統一してほしい。使う側からすらば、シェアする度にクルマの機器類の配置が違うと使いにくい。結局は足代わり、何よりも使いやすさだ。…

ここではないどこかへ

オウム真理教教祖の松本智津夫ら七人の死刑が執行された。フジテレビが「執行」シールをペタペタ貼りながら夜の特番で伝えていたけれど、この23年間のフジテレビの凋落ぶりの方に、思わず目が行ってしまった。23年という歳月は、組織も人も大きく変えてしま…

シンプリシティ礼讃

私はメルカリは専ら売る専門で、買うのは美術展のチケットくらい。要するに、捨てるのもなんだから売るだけなのである。他方ヤフオクって、オークションで売る為には毎月498円の固定費がかかるので使わない。(フリマの方はメルカリと同じ。)オークションか…

過剰適応という国民病

テレビを避けてyoutubeばかり観ている。特に忌み嫌っているのはNHKの「ニュースウオッチ9」で、これは多分制作総指揮をとっている権力者の頭が腐ってるのだろう。 それに対して、youtube宇野常寛の30分くらいの対談ものの無料部分とか圧倒的に面白い。私は固…

ファースト・抜けペンギン

どうやったらアルコールなどの麻薬なしにエクストリームな生き方を徹底できるかいつも考えている。 私淑しているエクストリームな人々から学ぶしかない。例えば、自動車を運転することを蛇蝎の如く嫌って運転免許の取得や所持を拒絶したり、私小説以外の読書…

みつからない内省録

世界のあちこちで毎日起きているテロの実行犯は、決行するまでの数日間、どこで何を思い、何を考えて過ごすのだろうか。 日本でも、政治的ではないけれど、毎日のようにテロと呼ぶべき殺人や自死が起きている。新幹線や警官の銃など、いわば国権や国富の象徴…

非同期の異時空間

今日は6/26→露天風呂の日。しょうもない語呂合わせ。露天風呂とは、素っ裸で屋外にいても怒られない、ほぼ唯一のオケージョンではないか。自宅の外で、動物でいられる希少な空間である。裸でこの地球に向き合う。衣服なしで夕暮れの外気に晒される心地よさ。…

不作為だらけの国で

鉄道の回数券なんて、もう本当は全然電子化できるはずなのに、いまだに紙の切符のまんま。 都営まるごと乗車券も、いまだに磁気カード。オレンジカードかよ。一方で都バスの一日乗車券だけはなぜかSuicaに格納できる。 技術的にはあらゆる乗車券サービスは非…

サウナで思考量を増やす

夜9時に近所の銭湯サウナにチェッキン、予想通りワールドカップの日本戦ウラなので、がら空き。思う存分整うことができたから超満足。 私にとってサウナの条件は、何を置いても「空いてること」なので、600円程度で楽しめるガラガラのサウナは、娯楽の王様で…

これからの時代考

米朝トップ会談なんぞ本当にどーでもいいことなので完全にミュート。国内、国際いずれも政治なんて一切関係ない。これを報じるためにわざわざシンガポールまで行ってる皆さんとか、アホくさいなあ。現地に行っても、得られる一次情報ゼロだから、仕方なく憶…

「無敵の人」の先進国

新幹線に乗るときは通路側を選びがちで、乗れば寝てしまうことも多いから、今回のような刃傷沙汰があれば危ない。電車で寝ること自体もう日本でもしない方がいいのだ。 10年前の秋葉原無差別殺傷事件の頃から「無敵の人」なる言葉が出はじめた。 無敵の人と…