kindle, 手ぶら, iPhone, 禁酒,ウォーキング,禁煙,断酒,ダイエット

徒手空拳日記

人の行く裏に道あり花の山

手ぶら

Evernoteによる非破壊自炊

己っちの読書の基本は図書館で借りた本なのだけど、これまではその借りた紙の本を平日持ち歩くのが億劫で、なかなか読書がはかどらなかったのだが、透明アクリル板とEvernoteの自動撮影によって、本を破壊せずにスキャン、自炊出来るようになった。 iPhone X…

AIよりBIが先

医学が進歩するにつれて、アルコールの害悪が明らかになっている。アルコールは脳に不可逆的ダメージを与えるのだ。AIに人間の仕事が奪われる……とか大騒ぎする前に、アルコールなんてやめて、生身のBrain Intelligenceを維持・強化するのが、どう考えても先…

南極点に行くつもりで

毎日会社に行く際に、荷物を極限まで減らす。もはや現金は持ってないから財布も持たない。カード類もないと困るものだけに。いわば「ウルトラライト出勤」なのである。 週末ラジオを聴いていたら、南極点無補給単独歩行到達に成功した荻田泰永さんが「嗜好品…

AIと集合知

#MeTooやブラック企業への糾弾を見ていると、ポリティカル・コレクトネスへの追い風を感じる。情報の偏在が解消されるにつれて、ネットワーク化された人間による集合知とAIによる出力が、どんどん区別がつかなくなる。AIは、情報の非対称性を利用して権力を…

0円で生きたい

日本のサラリーマンの給料って、本質的にベーシック・インカムだと思う。給料は、社員の市場価値ではなく「うちの会社の○○歳ならこんな生活レベル」というイメージから逆算されている。つまり社会人とは、ベーシック・インカム受給対象者、という身分なので…

一次情報以外はクソ

美術館や博物館で音声ガイドが有料で貸し出されているけど、あれ要らない。せっかく貴重なカネと時間を使って、ナマの一次情報を目の前にしているのに、音声ガイドなぞ「命令」情報は百害あって一利なし。全ての体験活動において、一次情報以外はクソ。 ムン…

極寒でも手ぶら

冬は長袖ヒートテックで防御しているので、予報で最低気温5度以上ならダウンジャケットは着ない。コートを持ち歩くことによる機動性の低下はメリットを上回る。「寒い日こそ中に着る」これが手ぶらの鉄則である。 鼻毛も凍るとはこのことか。流石に寒過ぎて…

脱アルで身も心も軽やかに

銀行キャッシュカードすら持ち歩くのをやめて、ますます手ぶらが極まってきた。手ぶらで身軽に生きることは、飲み食いを軽くする「胃軽」に繋がっていく。酒を飲まないと、仕事終わって寄り道する理由がないから、どんどん身軽に、身も心も綺麗になっていく…

オフィスを巨大な空港ターミナルと見立てる

己っち、独立する気なぞなくて、マネタイズより信用優先でしょぼく生きるのが性に合ってる。リーマンは都心に無料オフィスがあるのがいい。オフィスをシカゴの巨大空港ターミナルと見立てて、オフィスを中心に「ピボット」しながら一日を過ごす。 トム・ハン…

PCを持ち歩かないのススメ

スマホ時代になっても、荷物の大きな人が多過ぎる。あと混んだ電車のなかでスマホを使いたいが為に、両手が自由になるリュックタイプや肩掛けタイプのバッグばかりで邪魔過ぎ。荷物を減らすポイントは、PCを持たないことだ。 スタバやマクドナルドに行くと、…

音声という出力手法

この本はひとことで言うと、「とにかく毎日、A4の紙に思いついたことをひたすら10枚書き殴れ」で、書き殴るのはA4用紙であるべきで、もっと小さい紙やノート、デジタルは代わりにならないからダメ、というものだった。 その理由は主に「考えていることを出力…

differentiation としてのブログ

己っちがブログを毎日書いているのはそれなりに言いたいことがあるからだけど、このブログは全くマーケティングしない。 PVとか全然みてないし、はてなブログもProでやってるのに広告も一切貼らないのは、自分の垂れ流すクソに広告をつけるようなマネはくだ…

手ぶら2018

「持ち歩かず、持たず、酒を飲まず」は今年も己っちの骨法。日々の「身軽」は「胃軽」に繋がる。余計なものを持つこと、持ち歩くこと、糖・脂・塩を摂りすぎること、アルコールを飲むことは結句、全部「消費」である。つまり、「消費」で幸せを追求しないこ…

バスのメリット考

箱根から戻る。箱根はバスが発達していてクルマなしでなんの不自由もない。箱根のバスは、電マにもバッチリ対応している。 バスという交通ネットワークは、IoTでこれからもっと見直されていくだろうな。箱根とか都内とか、移動したい人が一定量いるエリアで…

戦略とは捨てることなり

本日午前で仕事納め。新宿から箱根へ。リーマン特有の年末年始の不気味な挨拶ごっこを全てスルー(笑) ペコペコへらへらのお儀礼は無価値どころか、冷戦期のお荷物、負債でしかない。年末年始の芝居がかった挨拶なんてもう気持ち悪いだけだけどなあ。カレン…

iPhone Xを片手に思う

iPhone Xを買うまで使っていたiPhone SEがメルカリでいい値段で売れた。半年しか使ってないサブ機で、箱も備品も残してあるので売りやすかった。べらぼうに高かったiPhone Xだが、これで少しは減殺できた。 そろそろ買い替えからひと月経つので、Apple Care…

お金2.0

5時起き。目覚ましなしで勝手に目が醒める。大量につくって冷凍してある餃子、野菜を適当に入れてスープ餃子で食う。己っちの冬定番の朝ごはん。 ジムで筋トレ。ワイドショーは相撲と金正恩ばかりのデヴ責め。どちらのデヴも有力な芸能プロダクションが付い…

羊肉

朝は5時には起きる。寝床ではiPhoneの画面は見ない。寝室にはソニーの小型ラジオと紙の本とソニーの電子ペーパーしかない。 ソニー電子ペーパーはかなり気に入っている。A4サイズで自炊本がサクサク読めるし、紙のノートとほとんど同じ感覚で書ける。 ここに…

都営まるごときっぷ

都内の移動は結局のところ電車かバスが一番安くて便利で、カーシェアやシェアバイクだと己っち自身が運転しないといけないので、超絶面倒である。 運転するっていうのは、ものすごくシングルタスク縛りがきつくて、何かに気を取られると死んでしまうから、必…

ストリート・モンキーズ

なんでいまだにこんな猿が殺処分もされずにのうのうと生きているのだろうか……と、雑踏で遭遇するたびに嫌気を禁じ得ないのは次の通り。 ニコチン依存の猿 禁煙区域を避けているつもりなのか、でもそこもバッチリ禁煙エリアだよ。 街角の隅にぬぼーっと突っ立…

不毛な労働はスルーしよう

もうこの三年以上、都銀の店舗窓口に出張ったことが一度もない。都銀のATMで金をおろすことすら、今年になって一度もない。銀行って、もう全然要らない。支店が統廃合されて、己っちの毎日通うジムみたいになったり、コンビニに変わったりしている。 己っち…

いい時代になった

地上波テレビを観ていると、なんだか生きることのつらみを抱えている人のことばかり映し出されて気が滅入るけれど、それはテレビの本質がひたすら苦痛を紛らわすビジネスであるからに過ぎない。 本当はものすごくいい時代になっている。 己っちは最近の生き…

手帳のデジタル化

「箇条書き手帳」でうまくいく はじめてのバレットジャーナル 作者: Marie 出版社/メーカー: ディスカヴァー・トゥエンティワン 発売日: 2017/10/13 メディア: Kindle版 この商品を含むブログを見る Kindleが伸び悩んでいるのは多分「紙の本」をそのま…

人類の新奇探索傾向

政治屋とならず者は紙一重になったなあ。それはつまり、「人気者」は「心の闇」を抱えているというSNS時代の世界観。 猟奇事件が起きる度に紋切り型の「心の闇」という思考停止ワードが跋扈する。 SNSは、己っちに言わせれば人類最後のドラッグで、滅茶苦茶…

金輪奈落買わないもの

生きる意味なんてもともとないと考えているので、放たれた屁のようにただ息をしている。 そういう心持ちで浮世を揺蕩うと、全てのことが不可逆的だと思えてくる。覆水盆に返らず、である。 特にこの数年で急速にコモディティ化しつつあるマネー価値、所有価…

コミュ力なんて要らない

文化庁の「国語に関する世論調査」(平成28年度)に「コミュニケーション能力は重要か」という設問があって、「そう思う」と答える比率の年代別スコアを見てみると、なんと20代は「100%重要」と回答していると知って、己っちは胸糞が悪くなった。(文學界11…

社交なんて丸で要らない時代

己っちは小さい頃から独りが好きで、いつだって他人といるのがかったるかったし、家族のこともそんなに好きではないので、いつか大人になったら、とにかく独りで完結する人生を生きたいと考えていた。 家庭でも学校でも会社でも、人は独りでは生きていけない…

マクドナルドのすごいところ

いっときかなり不振を極めたマクドナルドだが、己っちのなかでは最強のサードプレイスのひとつとなりつつある。 今回はその理由を改めて考えたい。 完全禁煙になった 日本の愚かな飲食店、例えばあれだけ「健康」を謳い文句にしているサンドイッチの「サブウ…

ライフログのデジアナミックス

東名高速の走行妨害死亡事故報道をキッカケに、ドラレコ(ドライブ・レコーダー)がバカ売れしている。 事件や事故に巻き込まれた時に記録映像は決定的な証拠になるし、常に記録されているというテクノロジー自体が、トラブルの発生を抑止する力になる。 建…

勉強もシェアもしない

己っちが手ぶらで時々立ち寄る格安コワーキングスペース、固定費支払う気はさらさらなく、使いたい時だけドロップインして、だら〜んと過ごす。 最近は、一時間100円デスクなんかも出てきた。いい兆候。 スペイシー 100円カフェ|30分50円から電源・Wi-Fi・…