kindle, 手ぶら, iPhone, 禁酒,ウォーキング,禁煙,断酒,ダイエット

徒手空拳日記

人の行く裏に道あり花の山

手ぶら

速い感情と遅い思考

地球の誕生を元日とすると、生命の誕生は4月8日、なんとそこから11月1日まで単細胞生物のみの時間が続く。11月26日午後、最初の魚類が出現。恐竜の時代は12月9日から12月26日まで。12月25日に最初のサルが地球に出現する。我々人類の祖先、ホモ・サピエンス…

毎日が試行錯誤の連続

この前Amazonで買った白新聞紙がメモに便利で重宝している。新聞紙というものを開いた大きさは人間が手元でハンドリングできる最大面積だと思う。大前研一は特注品のA2サイズの方眼紙を使ってるらしいけど、白新聞紙はそれより倍以上の大きさ。彼と同じよう…

飲食店という麻薬アウトレット

最近のテレビではエログロが禁じられているので、視聴率を取るために飲食店を紹介するフードポルノ番組ばかりだけど、酒を飲まなくなってからその手の番組を観ると、心底オエッとなるようになった。 まず、赤ら顔した「ご常連」にオエッとなる。 アルコール…

朱子学カルト共同体を見限る時

スポーツ屋もまた政官財学同様、ガバナンスはあまりにも幼稚。何かっていうとバサラの鈴木大地が出て来る構造は、監督構造ですらなく、香ばしい「ドンキャラ」が各競技団体ヒエラルキーごとに前近代的恐怖政治支配を好き勝手にやっている状態。朱子学カルト…

地縛のコスト

固定コストに数えられるのは、カネや時間が主なものだけど、もひとつ見逃せないのが、決まった場所に身体が拘束、縛りつけられる「地縛のコスト」である。 最近は時差通勤で早朝に出社したり、「朝活」と称して「話し方」「コミュニケーション」「マインドフ…

傾聴に値しない

10代や20代の頃に比べたら、なべてスルー出来ることが100倍くらいに増えて、楽しいしラク。なんといっても私は、いかなる目標設定もしないので、毎日がゴールなのである。 ゴーイング・マイウェイ、つまり、人の行く裏に道あり花の山。会社の同僚にシナトラ…

昨日今日明日の為に生きる

昨日今日明日が幸せなら、それが未来。もし逆に、昨日今日明日が幸せだと言えなければ、そこから逃げよう。昨日今日明日、の三日間だけは決して我慢してはいけない。 放たれた屁のように生きる私には、この三日間が全て。はるか昔の後悔は、しても仕方ないし…

高機能朱子学カルトの特徴

政財官学あらゆる上層部が世襲によって固められてしまい、雑草の出自にとってはなんとも希望のないクソな国になってしまった。 他人の気持ちのわからない世襲リーダーにへいこらしている高弟ども、つまり高機能朱子学カルトの特徴、見分け方について、考察し…

スクワットをきわめる

退屈でしょぼい毎日こそ、しょぼい私が辛うじて続けられる人生なので、この先20年ぐらいの人生を、いかに屁のようにしょぼく生きるか? そればかり考えてる。 しょぼくて結構な替わりに、奴隷はとことんお断り。朝早くから仕事なんてしないし、もらった名刺…

コンテンツの見巧者でありたい

図書館のPC端末で新聞記事を検索する時に、PC画面を写メするのは禁止だそうで、それなりゃ動画で撮影してしまえばいいと思いつき、検索画面をひたすら録画。図書館の人はシャッター音がしなければ不介入。iPhone Xのカメラは極めて高精細なので、録画映像を…

二つのお買い物

この前のAmazonプライムセールで買った唯一のモノはタブレットのFire HD8で、三千円引きの5980円。 これ、超絶コスパ良くて大満足。Amazonのカスタマイズされてるけど、ちょっと設定いじれば完璧にAndroidになる。下手すると10倍するiPadとかは全然いらない…

死刑執行シールのコンプリートは執行しない

フイルムの巻き取りサングラス「クルグラ」は手ぶら派の私にまさに、ジャストミート。 くるっとまるまるので、フレームがない分だけ、かさばらない。この上からメガネをかけてもOK。折りたたみ式のサングラスより便利で、この発想は素晴らしい。 クルグラ 公…

手ぶらの自由

夏こそ、手ぶらのインテリジェンスが試される季節である。 ポケットにはひとつとして無駄なものを詰め込まず、超スッキリのシルエットで手ぶら人生が送れるかどうかは、まさに夏にこそ、その真価が発揮される。 ICレコーダーによる全録でメモやペンの類が要…

逆ヒト・モノ・カネ時代

掃除するだけで汗だく。先日のAmazonプライムデーにたったの100円で借りた映画を二本観る。 これホラーになるのかな。ネタバレ避けるために多く語りませんが、面白い。 これもアクションが凄くて、頭空っぽで楽しんだ。 更には、今日の「ザ・ノンフィクショ…

麻薬の水道インフラ

夏場になると壮年おっさんの衣服がGU化していて見苦しい。昔なら、おっさん独特のセンスだった地味ダサいカジュアルが、誰も彼もだらしのない安モノになってきている。 不恰好な定年退職後のおっさんは、コンビニでストロング缶チュウハイやワンカップ日本酒…

人生の四大固定リスク

夏本番。都営地下鉄、夏の乗り放題ワンダーパスがスタート。 都営地下鉄ワンデーパス | 東京都交通局 土日と休日は、都営地下鉄限りだが500円で乗り放題。 都営地下鉄縛りの小旅行も乙なもの。都営地下鉄だけでも、例えば「岩本町」は事実上秋葉原だし、大…

会社より先に、酒をやめよう

宮台真司が「日本の宿痾」と呼んでいるもの。 自分の損得による忖度競争は、旧日本軍幹部にも、本当の「省庁制」の官僚にも、多くの企業人にも、日本大のアメリカンフットボール部員にも見られる日本社会の宿痾(長い間治らない病気)だと思う。(宮台真司〜…

全録生活

ライフログという言葉、いっときよりも聞かなくなったのは、生活に定着したからだろうか。いや……そんな感じもしない。むしろ世の中は、ライフログをつけない方向に動いてる気がする。今回の大水害は、クルマのドラレコも水没してしまうほどの酷さだった。メ…

シンプリシティ礼讃

私はメルカリは専ら売る専門で、買うのは美術展のチケットくらい。要するに、捨てるのもなんだから売るだけなのである。他方ヤフオクって、オークションで売る為には毎月498円の固定費がかかるので使わない。(フリマの方はメルカリと同じ。)オークションか…

人頭税としての固定費

巨大なシステムは、はじめはこっちが使っていたはずなのに、いつのまにかシステムに使われてしまう。 例えば電力システムは、いつのまにか零細な契約者ほど、割高な電気代を支払わされている。なんと、福一原発の廃炉コストまで広く薄く上乗せされる。 例え…

ファースト・抜けペンギン

どうやったらアルコールなどの麻薬なしにエクストリームな生き方を徹底できるかいつも考えている。 私淑しているエクストリームな人々から学ぶしかない。例えば、自動車を運転することを蛇蝎の如く嫌って運転免許の取得や所持を拒絶したり、私小説以外の読書…

酒なしでエクストリームに生きる

坂口安吾にしろ太宰治にしろ「無頼」というとほとんどの場合、薬物依存症である。「無頼」と言いながら、薬物に頼っているのはなんとも不恰好。だから私は、薬物なしでエクストリーム(極端)なライフスタイルをつくりたい。アルコールを必要としない生き方…

非同期の異時空間

今日は6/26→露天風呂の日。しょうもない語呂合わせ。露天風呂とは、素っ裸で屋外にいても怒られない、ほぼ唯一のオケージョンではないか。自宅の外で、動物でいられる希少な空間である。裸でこの地球に向き合う。衣服なしで夕暮れの外気に晒される心地よさ。…

公共バスの近未来

都市部の公共バス、規模縮小の真因は、運転手の不足との記事を読んだ。都バスは私にとっては、貴重な移動手段であり、読書ルームであり、コワーキングスペースであり、映画館。 始点から終点まで乗り放題パスで往復すれば、ちょうどよい時間を有意義に過ごせ…

サウナで思考量を増やす

夜9時に近所の銭湯サウナにチェッキン、予想通りワールドカップの日本戦ウラなので、がら空き。思う存分整うことができたから超満足。 私にとってサウナの条件は、何を置いても「空いてること」なので、600円程度で楽しめるガラガラのサウナは、娯楽の王様で…

朱子学カルトのクオリティ

サウナ→串カツ田中へ。もちろん独りで。烏龍茶で。 串カツ田中は6月から全面禁煙になって、酒を飲まない自信はあるし、ニコチンフリーなのであれば串カツも悪くないなと思い初入店。 花金だからかお店は結構混んでいる。店員さんもいい感じ。最近は居酒屋に…

生きているのは、暇潰し

梅雨入りしたのか。夕暮れの商店街でかつおの藁焼きと本鮪太巻きを買ってのうのうと家で食う。居酒屋に立ち寄らなくて良い自由。アルコールのまるでない幸せ。今年もまた畑のきゅうりがわらわらでき始めた。ぬか漬けもうまいなあ。人生でいまが一番幸せだな…

紐靴、ジーンズ、アルコール

ジーンズ、ごわごわしてて着にくい。もう要らない。5年くらい前に買ったジーンズ、まだ履いてるけどもう要らない。 ジーンズは19世紀の半ばにアメリカ西海岸でできたらしいけど、重いし、はきにくい。楽に着られるズボンは、いまはいっぱいある。 革靴にせ…

米国テクノロジーへの懐疑

ダメな日本企業ほど、Googleの後追いを、ありがたがってやるもの。何周も遅れてGoogleに倣え! って……。 日本人は米国の下部社会組織なので、AGFA(Apple、Google、Facebook、Amazon)と呼ばれる米国の大手IT企業への奴隷根性も、また凄いものがある。彼らの…

手ぶらが試される季節

休日もジャケットという手ぶら万能着衣で出歩く。ユニクロのネイビー・ジャケット。家で洗えるやつ。何処へでも行けてしまうオールマイティ。仕事でも近所でも許される。ポケットには殆ど何も入れない。暑くても滅多なことでは脱がない。 そろそろ扇子を持ち…