kindle, 手ぶら, iPhone, 禁酒,ウォーキング,禁煙,断酒,ダイエット

徒手空拳日記

人の行く裏に道あり花の山

移動が嫌い

平昌、寒そう。テレビに平昌が映るたびに「うおー寒そう、あ〜平昌行きたくない」と全力で思う。己っちは旅行が好きではないのだけど、旅行以前に要するに、移動が嫌いなのだ。

そもそも丸で働きたくないというのもあるんだが、先ずはどうにも移動したくないのである。

できることなら、ずっと家にいたい。在宅勤務になったら、寝ながらiPhoneで仕事したい。出張めんどくさいので全く行きたくない。土日はジムと図書館に行く以外は原則自宅にいるのだった。土日はサウナとか出かけても、120%混んでるので行かない。外食も億劫。一昨日うまくないとんかつ食って、もう暫くは外食すんのやめた。

温泉なぞも、草津など遠い温泉にはかったるいので出かけたくない。箱根あたりがちょうどいい。さらに言えば都内の黒湯なんかで全然満足である。酒を飲まなくなって移動しなくなった。街を彷徨う理由がなくなった。

この土日も、朝起きて掃除して、ひたすら本読んでるだけで幸せである。今日は気づけばカネを1円も使わなかった。車谷長吉の『贋世捨人』を読んでいた。何回めの通読か覚えていない。読んでいるだけで、世捨人になれる本である。世捨人に真贋などある訳はない。世を捨てようと思った時点で世捨人なのである。酒を飲まなくなって、世捨人に一歩近づいたと思う。酒なんて飲んでるうちは、この世に未練があるのである。酒をきっぱりと絶ってからは、浮世がすっかりアホらしくなって、いい感じで世捨人になることができた気がする。西行のように生きていきたい。

 

 

 

 

 

 

とんかつ屋をぶった切る

いやあ昨日久しぶりに行ったとんかつ屋ぜんぜん美味しくなくて本当に嫌になった。そう言えば前に来た時にも嫌気がして、もう二度と来たくないなと思ったのだった。忘れてた。星の数ほどある他人や店なんて、ちょっとでも気に入らなければばっさり切り捨てるのだ。

そのとんかつ屋は三人でやってるのに客が全然見えてない。昼の二時近くに行ったから、からしの瓶という瓶にからしが全くない。おしぼりも出ないし、紙ナプキンも置いてない。レジのところにボックスティッシュが一個あるだけ。

前回来た時も嫌気がさしたのだった。こうして金払って不愉快になることほど不毛なことはない。改めて、もう金輪奈落この店には来るまいと誓った。もちろん店側はこの決心に気づかない。己っちみたいな偏屈な客は来ない方が店のためだろう。

少しでも気に入らないことがあると、予告なく突然ぶった切る。己っちが私淑する深沢七郎と同じやり方である。ぶった切るたびにどんどんひとりになる。最後にはこの自分すら残らないほど容赦なくぶった切るのだ。一度ぶった切ったらもう二度とよりは戻さない。

切って切って切りまくる。友愛なんて要らない。本当に邪魔臭い。とんかつそのものをぶった切ってもう二度ととんかつなんて食うもんかと思う。

たまにとんかつ食べたいなどと思ったことが運の尽きだった。昼飯なんて歩きながらコンビニの肉まんでも食えばそれで十分だったのに、時間も金も無駄にした。飯を食うことそのものが嫌になる。

 

 

マネタイズなんてクソ

マネタイズか信用か──究極の選択を迫られた場合、給料はどっちにしろ毎月貰えるんだから当然、信用を優先するべきだと己っちは思う。っていうか、いまどき会社員やってる唯一のメリットってそれしかないじゃんか。なのに頭おかしくなってる会社員組織って信用よりも全然、マネタイズ優先なんだよね。日本のクソ大企業って。

信用よりマネタイズ優先してるクソ組織って最近だと成人の日に晴れ着とんずらの会社とかまさにそうで、あれは極端だけど、会社でも日常茶飯事でマネタイズ優先にドンびくときってある。で、だいたいそういうマネタイズ狂いの集団って、リーダーが物凄い出世意向が強い場合が多い。

一致団結してマネタイズに邁進する組織風土って例外なくクソカルト集団なんだよな。奴らは酒大好き。もう誰も止められなくなる。気がつけば組織で不正に手を染めて……なんてこともザラ。

クライアントもバカじゃないから、目を三角にしてマネタイズ優先してくる会社はすぐにわかる。接待が大仰だったり、組織のリーダーに強権が集中している相手はあまり深く付き合わない方が賢明な場合が多い。

儲けゼロでも感謝されたり尊敬されるのがいい仕事。生産性とか別にどうでもいいんだよ。利確にすぐ動く奴は本当にダメ。ヒラメや茶坊主は冷戦期はそれでも良かったけど、今の世の中でヒラメや茶坊主やるってことは単なる利確要員だから本当にクソ。偉くもなれないし楽しくもないって最悪じゃんか。

仕事を通じて信用を強くすることが結局どんな場合も一番大事。なぜそんな簡単なこともわからないのかな(笑)

寒い冬の日に思い出すこと

家の中までクソ寒い冬の日は幼い頃の貧民窟の暮らしを思い出す。二軒が同じ仕切り壁で繋がった長屋のつくりの狭小な賃貸住宅に住んでいた。木造住宅密集地で、ひとたび火災になれば止めようのない一帯だった。親は共働きで子供だけで灯油でストーブを焚いていた。焼け死なずこうして生き残ったのもひとつの運であった。

壁越しに隣の人間の物音がビンビン伝わってくるオンボロ屋だった。冬は本当に寒くて、寝息が白くなるほどだった。重い布団に押し潰されそうになって眠った。弟はすぐに風邪をひいた。

社会人になって一人暮らしをするまで、己っちには個室がなかった。勉強もほとんど図書館でしていた。家では皆が寝静まってからだった。

底辺で生きてきたので、社会人になって苦労した。社会人=会社員の常識を全く持ち合わせていなかったのである。何かと言うと浮いてしまい、組織から目をつけられた。新入社員の頃はおかしな奴だと先輩からずいぶんいじめられたものだ。歯を食いしばって負けるもんかと頑張ったけど、社会人は7年で足を洗った。今思えばあの時やめておいて本当に良かったと思う。

貧民窟からのし上がったチンピラとしては、今の人生はこれ以上ない幸せだ。金の心配もいらず、毎日好きに暮らしている。特に酒をやめてからは余計な強いつながりが切れて、幸福度が格段に増した。限られた愛情以外の強いつながりを全部棄てて、必要な関係は全て市場で調達する。金は絶縁のために使うのだと知った。

寿命が尽きるまで残りの時間は、弱いつながりメインに全うしたい。読書や映画は典型的な弱いつながりである。

 

イントレランス──

歳とって不寛容さが爆発。だるさ爆発。「強いつながり」をほぼ棄てている己っちからすると、「つながり」そのものや「つながり」のための消費活動に苛立ちを禁じ得ない。最近イラッとすることを列挙。

いつまでも独自の物理カード発行しているクソ流通。もうそんな身勝手なところは極力利用しない。今更自店専用物理カードを客に持たせる店は迷惑なのでこの世界からなくなってほしい。囲い込みしたいのならアプリでやれよと。

無駄に長い記事。ピラミッド構造で完結に書けよ。テキスト増量ライターばっかりで最近は雑誌もウェブ記事ほとんど読まない。読んでも時間の無駄なんだよ。

ためしてガッテン、尺ありきの勿体ぶった構成に辟易とする。最近の己っちは「30分番組」のフォーマットにすら耐えられない。「こんな内容五分で言えよ、ボケ」と思ってしまう。

いつまでもコンビニで現金払いしている奴らはいったい何者なのか? 現金払いのメリットなどひとつもないじゃんか。ちんたら小銭数えてる奴、後ろから飛び蹴りかましたくなる。

呑みュニケーションを義務だと考えているクソなリーマンがまだまかり通っている。酔ったお前らの話聞くなんて120%時間の無駄なんだよ。飲みたい奴らで狂い死ぬまで飲んでろ、この野郎。組織を維持するために酒を利用しようとする人達はもうかなりオワコン。バブル世代は組織を壊死させる。日本人はみな兵隊のよう。日本の兵隊はあたかもお酒飲むために組織をつくってるみたいで間抜け。国家や経済システムがアルコール前提になっている。

電話やメール中心に仕事をこなしてる奴らって実は仕事してない。あれは殆ど仕事のフリ。要注意。